おすすめプラセンタを紹介

更年期障害とプラセンタ

アンチエイジングや美肌等、美容のイメージが強いプラセンタですが、更年期障害の治療にも活用されています。

プラセンタの成長因子が更年期障害によって乱れた自律神経を穏やかにしてくれます。
プラセンタには注射やサプリメント、内服等があります。
プラセンタ注射は病院でしか行えません。
更年期障害の治療目的の場合、日本では、ヒト由来のプラセンタ製剤であるメルスモンを週に1、2回程度皮下注射します。
メルスモンは卵巣を活性化してくれます。

プラセンタ注射は子宮筋腫がある人やホルモン補充療法が行う事の出来ない人にも使用が出来、他の治療方法と併用して行う事も可能です。
更年期障害の治療目的であれば基本的には保険が適用されます。
しかしプラセンタ注射は注射部位反応が起こる可能性があります。

また、ただ1回でもプラセンタ注射をすると、ヤコブ病感染の予防のため今後献血出来なくなりますので注意して下さい。
一方サプリメントですが、薬ではないので即効性はあまり期待出来ず、継続して摂る事で効果が得られます。

通院しなくても購入が出来、プラセンタ注射よりも安く購入出来るので継続しやすいのではないでしょうか。
サプリメントには豚、馬、羊等の胎盤が使用されていますが、更年期障害には出産数が少なく、胎盤の厚い馬が良いとされています。
更年期障害の改善のためにプラセンタを活用していると、美肌になったという人はたくさんいます。

トップへ戻る